2007年08月22日

結婚式場・引出物の悩みを解決する方法

結婚式場・引出物選びの時に
「誰にでも喜ばれる物を贈ろう!」と思うから、
品選びに難航し、頭を悩ませてます。
最初から「誰にでも喜ばれる引出物はない」と思えば・・・


結婚式場・引出物の楽天で一番売れているカタログギフトとは?



結婚式場・引出物を選ぶ時に誰にでも喜ばれる引出物なんてない!

あなたが、「引出物、何にしよう?」と
悩んだ揚げ句にこのブログをクリックしていただいたあなたに、
のっけからすみません。
でも、真実なんですよ。

誰にでも喜ばれる結婚式場・引出物、なんていうのはありません。
だって、考えてもみてください。
結婚式場のゲストは年齢も家族構成も趣味も嗜好もさまざま。

そんな人たち全員が等しく喜んでくれる品物なんて、
あるわけないとあなたも思いません?

そうなんです! 

あなたが、結婚式場・引出物選びの時に
「誰にでも喜ばれる物を贈ろう!」と思うから、
品選びに難航し、頭を悩ませてしまうわけなのですね。

最初から「誰にでも喜ばれる引出物はない」という前提に立てば、
引出物選びはもっとシンプルになるのです。

「誰にでも喜ばれる引出物はない」という前提に立つと、

「ものすごく喜ばれないまでも、もらって迷惑ではないものを贈る」

「全員は無理としても、ある程度の人たちには喜んで
 もらえそうなものを贈る」

という考え方が出てきます。
となると、どうしても無難な品物に落ち着いてきます。

具体的にいえば、食器やグラス類というところになるでしょうか。
うまくすれば「あら、こんな食器欲しかったの」と
言って喜んでもらえますし、

悪くても誰かにあげたり、ネットオークションなどに出品する等の
活用の仕方が……。

自分の結婚式場引出物をネットオークションに
出品されるというのが、喜ばしいことなのかどうかは、
ここではあまり考えないでおきましょう……ね。

「誰にでも喜ばれる引出物はない」という考えは、
引き出物は基本的には一種類で、
結婚式のお客様は年齢も家族構成も
趣味も嗜好もさまざまだからということに起因しています。

ということは、お客様一人ひとりにあわせて引き出物を選べば、
誰にでも喜ばれる引出物を用意することができると
いうことになります。

とはいうものの、少人数結婚式ならいざ知らず、
100名もの結婚式でお客様一人ひとりに引き出物を
用意するというのはちょっと現実的ではありませんよね。

比較的簡単にできるのは、
若い女性、
若い男性、
親族、
上司というように
年齢や間柄によっていくつか引き出物を用意する方法。

これなら3〜4種類の品物を選べばいいだけですから、
それほど手間はかかりませんし、

全員に喜ばれるものを考えるよりも、
よほど簡単に結婚式場・引出物品選びができるはずです。

あなたもそう思いませんか?

【魔法のお花♪】プリザーブドフラワー【ブライダルブーケ・ピンクミニ】枯れないお花で人気です。





結婚式場・引出物のカタログギフトとは?

結婚式場・引出物はお客様一人ひとりにあわせた
引き出物をあげたい、という希望をある意味かなええてくれるのが
カタログギフトです。



結婚式場・引出物で希望を叶えるカタログギフトの詳細はコチラ!



結婚式場・引出物のカタログギフトとは、
お客様はカタログの中から好きな品物を選び、
(金額のコースがあります)

ハガキを投函。

そうすれば、後日その品物が届くという仕組みです。

お客様それぞれが好きな品物を選べるし、
結婚式当日は重い引き出物を抱えて帰らずに済むしと、
メリットは大きいですね。

ただし、このカタログギフト、良いという意見も多いのですが、
否定的な意見もあります。

否定的な意見を聞いてみると、
「カタログ内に欲しい品物がない」
「結婚式場・引出物は結婚式の記念だと思っているので、
カタログギフトでは
新郎新婦の“顔”が見えずつまらない」
という声が聞こえます。

「カタログ内に欲しい品物がない」
という意見は、数多く結婚式に出席している人に多くみられます。

また、年配者や地方によっては
「結婚式場・引出物は重くないとだめ」
(ちょっと考えられませんが)

という考えを持っている場合がありますので、
そうした考えの方にはやはりカタログギフトは不評のようです。


エスケープ スーツケース 66cm =シフレ=【送料無料&プレゼント付】







結婚式場・引出物のカタログギフトのメリットとは?

結婚式場・引出物のカタログギフトのメリットは、
コンパクトで軽く、持ち帰りがラク、
という発想が受けて急速に広まったのです。



結婚式場・引出物のカタログギフト1万円コースの詳細はコチラ!



当日、結婚式場・引出物としてお渡しするカタログギフトは、
商品の載ったカタログのみ、
お客様には帰宅後に好きな商品を選んで、
ハガキなどで申し込んでいただき、
ご自宅にお届けするというシステムです。

結婚式場・引出物は「大きくて重いもの」がよい、
というのが常識だった時代には、
遠方から来るお客様は持ち帰りが大変でした。

しかし現在では、あなたもご存知のように
小さくて軽いものでもOK という
感覚に変わっていますよね。

カタログギフトはまさにそれがコンセプト。

コンパクトで軽く、持ち帰りがラク、
という発想が受けて急速に広まったのです。

また、大きな袋で重い品物を持ち帰って、いざ中身を開けたら、
趣味の合わないものだったり、
すでに自宅にあるのと同じようなものだと、
がっかりしてしまうというのが本音。

だからこそ、贈る側も頭を悩ませるわけですが、

結婚式場・引出物のカタログギフトの場合は、
お客様自身が品物を選ぶので、結婚式場・引出物選びが
ラクになるというメリットもあります。

2,000円台〜10,000円台まで、価格のラインナップも幅広いですが、
カタログの価格の中には「システム料」と呼ばれる
発送等の手数料が含まれるため、
実際の商品はそれを抜いた金額程度のものということになります。

例えば、「カタログ4,000円、システム料500円を含む」とあったら、
カタログには3,500円程度の商品が並んでいるということになります。

予算の仕組みを知った上で価格帯を選ぶことも必要ですね。

【マデリンのブライダル補正下着】きれいな花嫁衣裳の着こなしにブライダル ビスチェ【送料無...








結婚式場・引出物の最近カタログギフト事情

結婚式場・引出物の定番とも言える食器類に加え、
最近は家庭用品やインテリア雑貨など、
幅広くラインナップされています。




また、最近は有名レストランやパティスリーのお取り寄せ品や、
産地直送フルーツ、ワインや日本酒なども出ています。
いわゆる「消え物」系です。

結婚式場・引出物といえば、手もとに残る物をという
感覚だったのが、
喜んでいただける物を、という感覚になっているのでしょうね。

その中からお客様が欲しいもの、必要な物を選ぶので、
年齢や性別を問わずに贈ることができるのが結婚式場・引出物
ギフトだといえます。

私も最近、披露宴で結婚式場・引出物カタログギフトを
いただいたのですが、

その中からめずらしいものをご紹介しましょう。


●日帰り温泉プランチケット


●エステや英会話などのチケット

●絵本、写真集などの書籍

●防災用品


●ペットグッズ(リード、食器など)

●シニアグッズ(老眼鏡、ルーペ、磁気ネックレスなど)


今の流行や世間の関心度の高い内容が盛り込まれています。
いい例が防災用品。これはまさに今最も関心が高まっていること。
「用意しなければと思っていた」というお客様には
うれしい商品ですね。

商品だけでなく、人気モデルのライフスタイルや、
料理レシピなどを紹介する特集ページを設けて、
カタログに掲載されている商品を使ったりと、
単なる商品の羅列だけではない内容になっています。

カタログの会社によって、商品のラインナップやデザイン構成に
違いがあります。

内容をしっかり見て、
あなた方自身が「これ、いいよね」と思えるカタログを
選ぶことが大切。

センスのよいカタログは、
結婚式場・引出物をもらう楽しみだけでなく、

カタログを見る楽しみも加わって、
あなた方二人の株も上げることになりますね♪







結婚式場・引出物で最悪の品物とは?

結婚式場・引出物で最悪と思われる品物で、
多くの人が敬遠する引出物というのも存在します。
それは・・・

オリジナル光る!席札グラス ウエディングの引出物【★オリジナル雑貨店中西工房★(筒井美佐男本舗のかばん、オリジナルZIPPO製作、限定ディズニー腕時計などなど1500アイテム)】
送って喜ばれるオリジナル席札グラスとは?


せっかく結婚式場・引出物を贈るのですから、
招待客に喜んで欲しいというのは
あなたもも考えるところ。

ですが、

何を間違ったのかで「この引出物、最悪!」
と思われてしまう品物を贈ってしまうカップルも
少なからずいるようです。

招待客側の趣味嗜好などによって
「最悪」と思われるのは致し方のないところですが、
多くの人が敬遠する引出物というのも存在します。

それはズバリ、新郎新婦の似顔絵や写真、
名前などが入っている品物。

確かに結婚式場・引出物はふたりの結婚の記念に
贈るものではありますが、
似顔絵や写真入りというのはちょっとやりすぎかも……。

また、新郎新婦のこだわりや趣味をおしつけるような品物も
喜ばれない傾向にあるようです。

たとえば、ふたりで手作りした器。
どちらかが陶芸家というのなら話は別ですが、
いくら心がこもっているとはいえ、
素人が作ったいびつな器はもらってもうれしいと
あなたは思いますか?


送って喜ばれるオリジナル席札グラスとは?






結婚式場・引出物の地域別風習

結婚式場・引出物はそれぞれの地域の風習で選ぶ傾向があります。

●北海道地域

北海道から東北地方では会費制の祝賀会が主流のため、
お客様は200〜300人に及ぶこともあり、
そのため結婚式場・引出物は

食器類やタオルなど1000〜1500円の記念品

を贈るのが風習となっている。

最近はお菓子が人気で、
いわゆる
引菓子
が結婚式場・引出物として多いようです。

●東北地域 

秋田県、山形県、南信地方では結婚式場・引出物は記念品として

寝具
を用意する場合も。

かさのあるものを贈る場合は
結婚式の数日前に記念品だけをお客様の家に届けることもあります。

また、秋田県横手市周辺では記念品と盛り合わせ料理の
折り詰めのほかに、
披露宴の料理を折り詰めにして持ち帰ってもらう習慣があるため、
折り詰め用 の容器の用意が必要になってきます。


●北陸・甲信越地域

新潟市周辺では結婚式場・引出物の記念品で3500円〜4000円、
引菓子3000〜3500円が引出物の平均的な相場。

全国でも引出物の品数が多いのが特徴で、記念品、菓子、
果物などのかご盛り、
赤飯、松の葉の5品を揃えるのが一般的。

松の葉とは新郎新婦の名刺代わりに熨斗の上に「松の葉」、
下に2人の名前を記入し、

ペアグラス
やタオルなど1000円程度の品を贈るもの。

また新潟県では1人に対して1つ渡すのが一般的で、
夫婦で列席した場合には、
同じ品にならないよう記念品やかご盛りは種類を多めに用意する。

また、石川県では鶴と亀の紅白まんじゅうを付けることが多い。

富山県では結婚式場・引出物に細工かまぼこを添えるのが一般的。
これは鯛や鶴、亀、富士山など縁起物をかたどった
カマボコでお祝い事には欠かせないものとされている。
持ち帰ったカマボコは親戚や近所の人にお裾分けするのも富山県ならではの風習です。


●東海地域

愛知県や岐阜県の結婚式場・引出物ではかさがあって
重いものを贈る風習があり、
記念品、引出物、鰹節パック、赤飯などのほかに

「名披露目(なびろめ)」を添える。
名披露目(なびろめ)とは、2人の名前を覚えてもらうため、
品物に2人の名前を書いて贈るもの。

岐阜県での結婚式場・引出物は2人の名前を染め抜いた

風呂敷
を贈る習慣があったが、

現在は箸置きなど1500円前後の品を贈るようになりました。

長野県飯田市周辺の結婚式場・引出物では、記念品を新郎新婦の
名前で贈るほか、
表書きに新婦の名前を記し、新婦からのおみやげとしてタオルや風呂敷を付けます。


●関西地域

結婚式場・引出物は主に3〜5品が主流だが、
滋賀県湖北地方の結婚式場・引出物では生鯛を付けて
2万円前後かける場合も。

また滋賀県長浜市周辺の結婚式場・引出物では
「おちつきぼた餅」という紅白の餅を、

兵庫県淡路島では紅白の「お嫁入りまんじゅう」を付けるのが
一般的です。


●中国地域

広島県の結婚式場・引出物では重ねの折り詰めや新婦の
おみやげとして
新婦の名前を記して
和菓子
などを付けることが多い。


●四国地域

香川県の西讃地方から愛媛県の東伊予地方で結婚式場・引出物として欠かせないのが
米菓子の「おいり」。
これは香川県西讃地方の郷土菓子で
「心を丸く持ってまめまめしく働きます」との意味が
込められています。



あなたの住んでいる地域の結婚式場・引出物はどんな風習ですか?





結婚式場・引出物、結婚祝いのお返し

披露宴に招いた人には、
披露宴に出席した人へのお返しは不要というのが、
現在の一般的な習慣となっています。

当日のもてなしと引出物をお返しと見なすようになったためです。


結婚式場・引出物は、本来招待客に贈る土産であって
お返しではありませんが、
いつしか引出物をお返しと考えるようになったからです。

理屈に合わない習慣ですが、もともとお返しが不要というのは
結構といえるかもしれませんね。
 

お返しはいらないが、やはり一ヶ月以内には礼状を出すのが
礼にかなっています。


結婚通知状
にお礼の一筆を添えてもかまいません。
 
招待したのに都合で欠席した人には、
よく披露宴の引出物を送るケースもありますが、

結婚祝いの金額の「半返し」、
つまり半額に相当する品物をお返しとして贈ることも多いようです。



披露宴に招かなった人には
 招待しなかったのに結婚祝いをいただいた人には、
昔は「倍返し」といってもらった祝いを倍増してお返ししたものですが、
今は「半返し」が一般的です。


しかし、相手との関係によって、
いちがいに「半返し」とはいきませんね。

いちいち「半返し」の品物を探すのはめんどうくさいし、
全体を金額別に三ランクぐらいに分けて、
三種類の品物を揃えて贈る方法もあります。
 

お返しの品物は、昔はかつお節や白い布地でしたが、
今では多様化して家庭用品、調度品、
実用品が贈られるようになりました。

紅白の砂糖、タオル、石鹸、茶器などの

陶磁器
などが一般的ですが、
あなたの個性が出て、しかも役に立つものを考えることです。
 

お返しは、一ヶ月以内に贈ります。
直接持参するのが本来のマナーですが、
最近はデパートなどからの配送が多くなってようです。

ただし、礼状を添えるか、別便で礼状を出すことは
忘れないようにしてくださいね。
 
お返しの品物には、紅白結び切りの水引をかけ、
表書きには「内祝」または「寿」として、
新しい夫婦の姓名で出します。

なお、カッコ内に旧姓を入れても構いません。
 
友人や会社の同僚に対しては、新居に招いて、
ささやかなホームパーティーを開き、
感謝の気持ちを表わすのも楽しいと思います。



結婚写真を贈る範囲ですが、
結婚写真は、二人だけの写真と親族一同との写真とがあります。

二人だけの写真も角度を変えたり、
衣装を替えたりして数種類になることもあります。
 
ひととおり全部一枚づつ自分の手元に置くのは当然として、
二人の写真は、両親、家庭を持っている兄弟姉妹、
近い親戚には一枚づつ贈る程度でいいでしょう。
 
親族一同との写真は、
写っている人全員に見てもらうように贈りますが、

一人一枚ではなく、一家族一枚です。
 
仲人には、二人の写真と親族一同の写真両方を贈ります。
 
なお、披露宴の招待客には、
当人が写っている
スナップ写真
を贈ると喜ばれます。

カメラの撮影係に、出席者全員を少なくとも一カットは
必ず写すようにあらかじめ依頼しておきましょうね♪






結婚式場・引出物の数問題解決!

結婚式場・引出物を真剣に考えているあなた!親戚の引き出物の数をどうするかで悩んでいませんか?


引出物を安心してネットで購入できる引出物豊富な楽天はコチラ!



結婚式場・引出物についてよくこんな悩みがあなたもありませんか?

結婚式場・引出物で、親戚で夫婦で来られる方には、
引き出物(カタログ)+引き菓子+鰹節の1セットでいいと思いますが、


でも、親戚で家族4人で来られる方は引き出物の数のみを増やせばよいのか、

金額を上げればよいのか、

それとも同じセットを2セット渡せばよいのか?


親戚で、しかも家族4人で来られる場合はご祝儀も多めに包むと
思うので、夫婦2人の方とはやはり引き出物に差をつけたほうがいいかと思うのですが。
何か良い方法は・・・?



Aさんの体験談は・・・。

「カタログギフト+お菓子+ハムのセットにしました。

家族4人こられた人はいませんでしたが3人でこられた家族もご祝儀は同じ額でした。。

もし何かしないといけないなら、
カタログギフトの値段設定を少しあげてみるとか
(私は人によって値段をかえました)

でもお料理は一人ずつ食べるし気にしなくてもいいとは思いますけど。

参考までに私の元上司は親戚なみのご祝儀をだしてくれたので
式の後であらためて食器を送りました。」



Bさんは・・・。

「結婚式場・引き出物の品数ですが、
一般的には割り切れない数(3、5、7)がよいとされています。
ご祝儀の金額もそうですよね。

割り切れる数は別れる(分かれる)に通じるということで忌み嫌われています。
(気になさらない方もおられるようですが・・・)

ですから、一つ一つをグレードアップする方法もあります」



実際にホテル、結婚式場等にギフト関係の納品に携わっているCさんは・・・。

「家族でも招待状の出し方によります。 
ご夫婦が年配で子供夫婦にも招待状を(2枚)出した時は別々に考えます。

 又ご夫婦が若く子供さんが独立されて無い場合は1つで良いと思います

招待状を出した枚数で良いと思います。
家族四人でも、お子さん連れで出席ならば引き出物は一つで、
気になるようなら子どもに向けたギフトをプレゼントされては?

変な話ですが、一人参加の場合のご祝儀の相場はだいたい3万円。
夫婦で出席に場合には5万円。
金額で見れば2万円多くいただくことになっても、
人数で考えれば1万円少ない、

ゆえに結婚式場・引出物は2人で1つで良いのだ、と言われました」



やはり、結婚式場・引出物の数は、
招待状の数だけ引出物を用意すればよいという意見が多いみたいです。

たとえば、
・叔父・叔母に招待状1枚=引出物1セット
・叔父・叔母の娘(ご主人の従妹)に招待状1枚=引出物1セット 
 
※未婚ですが、独立して一人暮らしをしていて
 叔父・叔母とは住所が違う為、招待状を別送した場合。

・叔父・叔母の息子(ご主人の従弟)に招待状1枚=引出物1セット 
※未婚ですが、やはり独立して一人暮らしをしていて
 叔父・叔母とは住所が違う為、招待状を別送した場合。

また、何人かの小さな子供もよく出席しますが、
その子供達には式に飽きてしまっても大丈夫なように玩具を用意しておき、
両親から式の最中に渡して貰うようにする。


ご祝儀の金額に相場はありますが、
その出席者によって金額はマチマチになると思います。

結構式場・引出物の準備の際には金額の予想があまり出来ないし、
予想をするのも変な話ですので、
大きい金額を包んでくださった方には、
式の後に内祝いを改めて贈るとよいでしょう。。

もし、新婚旅行に行かれるのでしたらお土産代を
はずむという手もあります。

準備は本当に大変ですよね。


あなたも頑張ってくださいね!


ババールの新婚旅行The Travels of Babar(Jean de Brunhoff)【英語の絵本】【アウトレット】【...





結婚式場の広さの悩み解決法

結婚式準備をすすめているあなた!
結婚式場が広すぎか、狭すぎか悩んでいませんか?




あなたの結婚式場のホテルは決まり、
招待人数は60名になったとした場合、

ホテルの大宴会場か中宴会場でするか、よく悩みます(値段は同額)

大宴会場・・・150名まで対応、ひな壇あり、天井高く華やか

中宴会場・・・60名まで対応、ひな壇なし、天井低くカジュアル

どちらにしても広すぎなのか、狭すぎなのかを考えられるとともに、

あなたに合うスタイルが分からなくなってしまいませんか?


悩みどころは、以下こんな感じではないですか?

新郎:親族・友人達は田舎からわざわざ上京して参加して
   くださるので、華やかな雰囲気を感じさせたい

新婦:すでに退職しているため、主賓がおらず、形式ばった披露宴    
   (ひな壇)には抵抗があり、カジュアルを希望


両家とも口も出さず、お金も出さずのスタンスで見守ってますので
常識とかもよく分からなく悩みところです。


こんな場合、結婚式場の広さの悩み解決法どうしたらよいでしょう。

色々な意見がありますが、まずHさんの意見は・・・

「招待客が60名なので、中宴会場の方がいいでしょう。
 定員ぎりぎりと思われているかもしれませんが、
 大宴会場だと倍以上の定員になりますよね。

 天井も高く、広さもあるとなると余興で何かしたとしても、
 空間を生かしきれないでしょう。

 華やかな雰囲気は、何も広さだけではないですよ。
 会場装花や、演出内容でも華やかにできます。」


また、Jさんの意見は・・・

「中宴会場で定員60名のところを実際に60名にすると
 きつきつになってしまいます。

 それよりは、大宴会場を屏風やパーテションで間仕切ってもらって
 60名のサイズにしてもらったほうが良いと思います。

 ただし、ホテル側も営業をしていますので、
 大宴会場で披露宴や宴会が無いのが前提になります。

 カジュアルにするにはホテル側がプロなので
 担当者と打ち合わせをすることをお勧めします。

 中宴会場をお勧めしている方が多いようですが、
 私は大きめの会場を押しますね。」


実際、結婚式場の広さで悩んだKさんは・・・

「私の場合、結婚式場で50人ご招待しています。
 
 小会場・・・収容人員100名(天井が低くカジュアル)
 中会場・・・収容人員160名(天井が高く階段付き、華やか)
 大会場・・・収容人数200名(天井が高く階段付き、ゴシック風)

 人数から考えて小会場だけを候補にしていました。

 しかし、たまたま準備中の中会場を見学したところ、
 「こっちがいい!」と思いました。

 というのも、中会場は白を基調とした天井の高い華やかな
 雰囲気で、ウエディングドレス・カラードレスの
 どちらも栄えそうだったからです。

 小会場は大きさはよかったんですが、
 天井が低くく若干閉塞感を感じさせました。
 (特に新郎が長身だったので余計に。)

 それに、茶を基調としたカジュアルな雰囲気だったの
 カラードレス選びが難しかったです。

 大きすぎるかな?という不安も確かにありました。
 でも、準備中の中会場の座席数も80席位で、
 収容人員には全然足りていませんでした。

 それでもテーブルの配置を変えたり、
 少なめに座るなどするだけで、
 広すぎるようには感じませんでした。

 窮屈に感じさせないし、広さがあるほうが歓談や
 キャンドルサービスの際に歩きやすいと思います。

 また、ご友人の余興などの内容も
 考慮してみてはいかがでしょうか?

 あとは、よく式場の方にご相談されたほうがよいと思います。
 大宴会場で少人数の式の予定などがあったら見学させてもうのも
 1つの手かもしれませんね。

 一生に一度のことなので、よくご検討なさってください。
 素敵な式になるといいですね。」


サァ、あなたはどの方の意見があなたに合っていましたか?


ホテル・結婚式場完全カタログ(2000春号)






2007年08月21日

結婚式場・引出物は余分に用意したほうがいいのか?

結婚式場・引出物を余分に用意して
必要なかったらお金ももったいないですし、
もって帰るのもちょっと・・・


引出物を安心してネットで購入できる引出物豊富な楽天はコチラ!


まあ、難しいところですね.

披露宴に出ない方にお祝いをもらった場合には、
新婚旅行先で買ってきた簡単なお土産をお送りすることも多いみたいです。
披露宴に出ない方のご祝儀は,金額も気軽なことが多いですから・・・

それから、もって帰るのもちょっと・・・と思いますよね。

欠席する場合の結婚式のお祝いは事前にお渡しするのが基本ですから。
数も見込めるし,引出物屋さんに式の後で発送してもらえば良いですね。

ですから,余分に用意する必要はないと思います.

式の後で頂いた場合には,個別に対応すればいいでしょう。

また、来ていただいた方に託すのも結構荷物になりますよね。

結婚式場・引出物、カタログにするにしても、バームクーヘン等も入れると結構な大きさの紙袋になってしまいますから、後から内祝い発送、
もしくは内祝いを持ってご挨拶に伺うのがいいかと思います。




結婚式場・引出物を余分に用意しない場合は、

後日、「内祝い」としてお礼をするケースが多いです。

その理由としては、招待していない人からのご祝儀、
金額が予想できないので、
先に用意していて、沢山お祝いをもらった場合、
お礼が足りないのを避るからです。

実際、式に出てくれた方より、
多い金額のお祝いを貰うこともあると思いますし
(逆もありますし)、

まさかお祝いをいただけるとは思わなかった方(ご近所さん等)
からいただいたりもするので、そのつど、
いただいたものに見合った内祝いをお返しした方が良いようです。


それともう一つ、

披露宴料金が誰が持つか・・・にもよるかもしれません。

全部自分達で負担するなら、余分な出費にイライラしますが、

親が『引出物等(その他、親の意見での用意した物)用意するけど、
余り分の料金+引取りは宜しく』とするならば、
自分達の負担にならないから、

まぁ良いかな?なんて。思うこともあります。

こういったお願い事は夫に対応してもらって下さいね!後々の為です。


あと頂きすぎていた方へは新婚旅行のお土産を送るときに商品券を添えるといいですね。

ほんの少しの事で世界中が敵かの様に(笑)
イライラする事もあると思いますが、

終わってみれば、それもまた良い思い出です♪



【CD】新婚旅行/アストル・ピアソラ







広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。